読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二本のしっぽきゅうだんケモケモ秘密基地2

主にゲーム関連やコレクション物などを書きます。

任天堂 経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会内容の気になったところの感想

任天堂 イッツ、テイスティングタイーム(その他) イッツ、ゲーム関連ターイム
スポンサーリンク

 

任天堂の経営方針説明会の気になったところの一部を掲載

 

f:id:kemonoSommelier:20140201143937j:plain

  •  私達はビデオゲーム専用機プラットフォームの未来を決して悲観しているわけではありません。 
  • 「ハード・ソフト一体型のビデオゲーム専用機プラットフォームを経営の中核とすること」は、今後も変わりません。

そうなんですよね、実際ゲーム専用機もまだまだ売れてますしね。

 

  • 当社が自社ハードを捨てて、他のプラットフォームに軸足を移すということも考えていません。 

これはTwitterで出せ出せ言ってる人には速報です。任天堂ソフトは出ないのでやりたいなら任天堂ハードを買いましょう。

 

  • 同じビデオゲームと呼ぶものであっても、これまでと同じことを繰り返していくのではなく、時代に合わせた変化が求められていることも、同時に認識しています。

もうPS2Wiiのようにはいかないでしょうしね。

 

  • 「他に比べてどこそこが劣っているから追いつく努力をするべきだ」「なぜ今こんなに流行していることに取り組まないのか?」

PS4やスマホなどと比べるより、任天堂には任天堂のやり方の方が儲けますし。

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144030j:plain

  •  Wii U GamePad があるからこそ実現できるソフトタイトルを提案することを、今年の最優先課題に置きたいと思っています。

どうやら今年にWiiUゲームパッドだけでしか出来ないゲームがでるようなのかな?任天堂ファンとしては楽しみなところです(≧∇≦)b

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144047j:plain

  •  NFC機能を活用する提案については、6月にロサンゼルスで開催されるE3でお目にかける予定です。

NFCは今のところポケモンスクランブルしかないですから、どんなゲームで使うつもりなのか期待したいです(*゚∀゚*)

例えばスマブラとかにいいと思うのだけどなぁ。

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144103j:plain

  • 本体メニューを介することなくソフトを起動できるようにする機能です。

 夏のアップデートでWii UゲームパッドのTVボタンのと同じスピードになるようです。より携帯ゲーム機みたく気軽にやれそうです。

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144151j:plain

  • 各タイトルの具体的な展開予定や、今後の新たなタイトルの投入については、ニンテンドーダイレクトなどの機会を通じてお伝えしていきます

やっぱりソフトとかはニンテンドーダイレクトか( ・_・)FEⅹ女神転生とかゼノ新作映像まだー(;・∀・)

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144245j:plain

  • 発売を全世界で5月にすることに決定しました。ここで大きな盛り上がりをつくるべく、『マリオカート8』発売が単発のイベントにならないようにしたいと考えています。

 マリオカート8が5月なのは嬉しいし、マリオカート8以降も盛り上がりを継続していくようです(*^^*)

 

  •  パズドラZ』のヒットを経て、これまでとは異なり、家庭用ゲーム以外のプラットフォームで育ったタイトルをニンテンドー3DSに投入するご相談も多くいただくようになってきました。このように、すでにニンテンドー3DSは、家庭用ゲーム育ちのタイトルばかりではなく、他のプラットフォームで育ったタイトルに対しても、ビジネスの展開が十分可能な規模に到達しています。

 どうやらパズドラZが売れたので、各社はスマホアプリゲーを出すみたいですね。ぷよぷよクエストとか来るかなぁ(*´`)

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144728j:plain

f:id:kemonoSommelier:20140201144740j:plain

  •   任天堂は、自社コンテンツをスマートデバイスに供給すべき」とのご意見は、この数年、大変多くの方からいただくようになりました。「スマートデバイスビデオゲーム専用機よりも遙かに大きな台数普及している今、スマートデバイス上でビジネスをしないのはおかしい」という考え方が、その理由だと思います。 多くのみなさんが「スマートデバイスのアプリとして任天堂のゲームソフトを移植すれば、ビジネスが拡大するはずだ」とおっしゃっているのですが、ハード・ソフト一体型のビジネスという任天堂の強みを活かせない場では、任天堂の目標とする規模のビジネスを中長期にわたって持続させることは困難ではないかと、私達は認識しています。

まぁ最初だけで飽きられるのが見えてますしね(´△`)

その代わりに何かのアプリなどは出すようです。ゲームの宣伝アプリとか、そのようなのかな(・ω・`*)ネー

 

  • 「遊べば遊ぶほどソフトが安く楽しめる」というようなことが実現可能になります

これはいいね、常連客って感じだし、消費税も上がるしね。これぞ任天堂版の、リアル実績(゚∀゚)

今後のマルチ作品ではPS4などに性能で勝てないので、ソフトの価格で任天堂ハードを選ぶ事ができますので、とてもいい戦略です。

早期にWii Uで実験的な取り組みをやるようです。

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144807j:plain

  •  任天堂が持っている豊富なキャラクターIPの活用に関しても、今後はより積極的に活用していきたいと考えています。
  • 例えば、デジタル分野におけるライセンスなども、直接の競合関係ではなく、Win-Winでやっていけるものについては、例外とせずに柔軟に対応していきます。

最近マリオグッズとか、カービィグッズとが任天堂系が多いと思ったらやっぱりこういった事をする予定だったからですか。

しずえ「ねんどろいど」とかね(^q^)

ならカービィアニメ二期とかどうぶつの森のアニメ化とかもしてほしいヽ(;▽;)ノ

 

f:id:kemonoSommelier:20140201144829j:plain

f:id:kemonoSommelier:20140201144839j:plain

f:id:kemonoSommelier:20140201144848j:plain

  • 任天堂の強みを活かした新しいプラットフォーム事業への挑戦です。「健康」というテーマです
  • まずは、最初のステップとして「健康」をテーマにする、ということです。 ただし、単に健康をテーマにする、というだけではなく、任天堂は、新たなブルーオーシャンでこれを展開したいと思っています。

任天堂の健康ゲーム機?いったいどのような物になるかゲームファンとして、任天堂ファンとして期待が高いです。あとガジェット好きとして。

 一応言っときますが、これって要はマイクロソフトキネクトを使い医療などでやろうとしてるのと似てるようなものと思いますが、何か勘違いしてるような人もいるようです。

 

 

 質疑応答

 

  • Wiiと同じようなライフサイクルで1億台を超える普及をする」というような前提は、もはやリアリティーがありません。一方で、今からでもプラットフォームとして一定レベルの普及を達成し、一定レベルの成果を収めることは、シナリオの書き方によって十分可能だと思っていますので、そういう現実的なシナリオを書いて、少しでも利益を生み出せるプラットフォームにしていきたいと思っています。

WiiUはまだ諦めてないけど、さすがにもうWii並みに売るのは無理と思ってる訳ですか。少なくとも利益を出すぐらいならGC以上ぐらいには売ってほしいところです。

ただこれだと国内据え置きはPS4に取られるかもしれません。

何故かはXboxoneはまず買ってくれる確率が低いですし、WiiUは見ての通り売れてません。だからってPS4が国内で売れるかはわかりません、何故かは最近の据え置きは国内では売れてませんので。

ただ海外では早くもPS4、Xboxoneの競争になってますので、それが国内でどう変わるのかですね。

 

  • 世の中でいろいろなキャラクターIPをお持ちのところはいろいろなライセンスを考えられると思いますが、それと大きくは変わらないと思います。その意味では、今までは絶対なかったということが、おそらくこれから1年以内にいろいろ起こると思いますし、既にお話をいただいて進めていることもありますので、ご期待いただきたいと思います。

カービィ掃除機とかFEアニメ化とか来ちゃうか(ノ_・,)

 

  •  例えば、私たちの過去のシリーズタイトルをWii Uのタイトルにリニューアルしていますが、これは、大勢の社外の開発チームに手伝っていただいて、社内のチームがより新作に集中できるようにしていて、この辺りはかなり改善できてきたという手ごたえがあります。

 宮本さんが言ってますが、もしかしてカービィのエアライドWiiUとか来ちゃうか( ・∀・) イイネ!

 

  •   専務取締役 竹田 玄洋:   任天堂のビジネスは「ハード・ソフト一体型のビジネス」という説明が岩田からありましたが、言い換えると、テクノロジーがエンターテインメントとうまく結び付いて、ゲーム機を作り出すことだと思います。そのような中で任天堂自体は、ハードの生の性能を前面に押し出すような会社ではないと思っています。 

 これはわかりますね。性能をアピールするならソフトとかをアピールしてよって思いますよ。

 

  • 今、宮本と私が目指しているのは、「任天堂はこれをやりたかったのか」と言っていただけるような商品をつくろうということで、それが今日、冒頭でお話ししたこと(Wii U GamePadがあるからこそ実現できるソフトタイトルを提案すること)ともつながっています。

マジですか∑( ̄□ ̄;)!!期待したいです。

 

  •  ソフトメーカーさんの協力についてですが、任天堂とソフトメーカーさんとの関係について、伝統的に任天堂はソフトメーカーさんのサポートが弱いというご指摘をいただくわけですが、今、例えば日本市場に目を向けて考えますと、日本のソフトメーカーさんが一番力を入れてくださっているゲーム専用機はニンテンドー3DSであると言って差し支えないと思います。これは、ゲーム機全体のマーケットの中でニンテンドー3DSの存在感がハード・ソフトとも圧倒的に大きいためで、そこでビジネスをしないというのは選択肢としてあり得ないということで、みなさん大変力を入れておられます。

そうなんですよね、それをわかっていない人はどうかと思います、まぁこれは日本サードの話ですが。

 

  •  実はソフトメーカーさんによって非常にお考えが違います。任天堂が得意とする子供さんやファミリー層のお客様と親和性の高いコンテンツをお持ちのソフトメーカーさんは、今でも非常に熱心にWii Uをサポートしてくださいますし、「WiiWii Uに切り替えができるように、自分たちも協力したい」ということでいろいろなお話をいただけて、その方たちの意欲というのは非常に強いものがあります。

バンダイナムコゲームスとかセガとかレベルファイブ辺りは協力してるかも。

 

  •  キャラクターIPの利用ですが、サンリオさんがされていることと共通点もあるでしょうし、全く違うことも出てくると思います。冒頭で申し上げたとおり、任天堂は「よそと違うことをやる」ということにすごくこだわる会社ですので、「他社さんに理想的なモデルがあるからそのとおりになろう」とは考えませんが、他社さんがされていることで「これはうちの強みが生きるな」と思ったらどんどん取り入れようと思います。一方で、すべてそのまましてしまいますと、任天堂らしくないと思いますので、ケースバイケースだと思います。

少なくともカービィグッズなどがいろいろ出たり、いろいろなところでカービィ達を見かけると言う訳ですね(┯_┯)

 

  •   一方で、「世の中であれが儲かっているから任天堂もあれをするべきだ」ということを、たった2年ほど前にかなり多くの方がおっしゃっていましたが、今は誰もそのことをおっしゃらなくなったように、今日、「スマートデバイスのゲームをなぜつくらないんだ」とおっしゃっている方が、3年後に同じことをおっしゃっているかもしれないし、おっしゃっていないかもしれません。 

任天堂は他社の真似をして儲けるのではなくて、やっぱり新しい事にどんどん挑戦して儲けるのが任天堂ですし、そこがまた好きなところだったりです。

 

 

気になったところは以上です。今後任天堂がどう変わっていくか楽しみですし、素晴らしいゲームの提供も期待したいです(TдT) アリガトウ

 

2014年1月30日(木) 経営方針説明会/第3四半期決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡

 

2014年1月30日(木) 経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会 - 質疑応答